自然体験活動(観察会・タンカン狩り)

アムフシャ石
アムフシャ石

1年生から5年生が参加して,自然体験活動を行いました。

まず,大和村の特産品である「タンカン」の収穫体験をしました。校区のMさんの畑で,コンテナ5箱分のタンカンを収穫しました。その後,試食!甘いタンカンをお腹いっぱい食べました。

その後,自然保護推進員のKさんに身近にある植物について教えていただきました。奄美諸島固有のアマミナンテンショウや葉の中央に花を咲かせるリュウキュウハナイカダなどを教えていただき,子どもたちは興味深く観察していました。

最後に,カンカン山の頂上にあるアムフシャ石(雨乞い石)を見に行きました。昭和18年に実際に雨乞い祭りをした実話があるそうです。

身近な自然や生活などを知る大変充実した体験活動ができました。